株が若い世代に人気な理由とは

若いうちはお金がないから、株には手が届かないし、リスクが心配だから、経済的に余裕がない若い世代は手を出さない方が良い、というイメージがあるので、若い人が株をやっていると聞くと危険という印象がありますが、実際は、若い世代にも大変人気があり、株を持っていたり、売買をして利益を上げているという人が少なくないのです。最近は、NISAが導入されるなど、国が少額投資を推奨しており、少ない額から購入でき、非課税になったりするので、貯蓄感覚でこつこつと株を購入することができるようになってきています。実際、NISAが登場する前は、普通の若い人は少なかったのですが、NISAが登場してからは、購入する人が増え、若い世代にも人気になっています。
若い世代の人は、小額から始めてこつこつと利益を上げるうちに株の感覚や相場の見方を習得するスピードが速いので、こつをつかむのが早く、向いていると言われています。今現在、高額がついている株が2倍になるのを予測するのは大変ですが、100円などの安い株が200円になるのは、そう珍しくなく、逆に値が落ちても、ダメージが少ないので、小額からの投資は、実践しながら相場の見方を勉強するのに適しています。お金に限りがあって、財産を持っている人が少ない若い人が、低い金利で預貯金をするよりも、多少リスクはありますが、株を購入して、勉強しながら投資について学ぶことで、社会の動向に敏感になったり、スキルが向上したりすることが期待できるため、自分への投資ともいえ、メリットが大きいのです。勉強会などに参加すると、人間関係も広がり、新しい世界が広がったり、ビジネスチャンスに結びついたりする可能性もあることが、若い世代にも人気がある理由のひとつです。

■株の仕手株について
仕手筋
■新規公開株について興味はありませんか?
IPOの初値予想で公募割れ銘柄回避

トップページへ