株は学生でも簡単に始められる?

株式投資はかつてに比べて非常に取り組みやすい投資になりました。必要となる資金も少額で済む銘柄も豊富であり、他の投資に比べて参入しやすい特徴があります。証券会社に証券口座を開設すれば投資をすることが可能になりますので参入するハードルは非常に低いと言えます。従って学生の身分でも株式投資は比較的身近な金融商品であると言えるでしょう。
学生の場合は収入が無いか、乏しいというのが特徴だと考えられます。そのため実際に保有している現金を使っての投資であればほぼ制限はないと言えますが、手持ちの資金以上の運用を行う信用取引においては制約がかかる場合もあります。ある程度の収入があり返済能力があると認められて初めて借金を行うことが出来るように、信用取引を行う場合にも一定の信用が必要になると言えるでしょう。
証券会社に口座を開く場合、最初は一般的な現物取引を行う口座を開設するのにとどまるのが一般的です。この口座では投資資金が目減りすることはあっても借金を背負うことになる可能性はありません。そのため余裕資金で運用をしている分には安心できる仕組みになっていると言えます。学生であればこの口座の身にするのであればそれほど苦労をすることはないでしょう。
しかしながら株式を売るところから始める空売りなど、皿緩選択肢を行使できるようになりたい場合には信用取引を行うための手続きを行わなくてはなりません。この場合は自由に取引をすることが出来るようになる前に証券会社に申請をすることになります。信用取引ではいわゆる借金に当たる要素が含まれますのでリスクは格段に増えます。そのため証券会社も口座開設の条件として一定の収入や金融資産、そして経験を求める場合が多いのです。学生がこれらを満たすのは困難でしょう。

トップページへ