株を始める時の注意点とは?

株を始める時の注意点はいくつか挙げられます。まずは、なんといっても、株の知識です。知識は、どこまで知れば安心というわけではありませんが、取引をはじめる前に、少なくとも、メリットやデメリット、投資によるリスクについては、正しい認識を持っておくことが重要といえます。定期預金や国債などとは全く異なる、元本割れも起こる可能性が十分にある世界であるということを知っておくことが大切なのです。そのため、株取引を始めるにあたっての金額についても、無理のない程度、自分のお小遣いの範囲内で出せる金額にとどめておくことが肝要といえます。
また、証券会社を選ぶ際にも注意が必要です。インターネットで実際の取引が行える証券会社はとても便利です。しかし、その口座に入金する際に、振込手数料などがかかる場合もあるので、投資金額が少額の場合であると、振込手数料の割合が高くなってしまうことにもなりかねません。ですから、証券会社によって、取扱のある銀行にも違いがあるので、もし、自分が口座を持っている銀行が含まれているのであれば、その証券会社に株取引用の口座を開設したほうが、振込手数料などを気にする必要がなくなり便利といえるでしょう。
また、実際に取引を始める前に、お試しなどで実際の取引の様子が体験できるような証券会社の方が安心ともいえます。慣れないうちは、値動きの穏やかな安定企業の株を買うようにして、値動きや気配値の読み方なども勉強していくことが大切です。チャートも読めるようになることが必須ともいえますので、値動きの激しいような銘柄は避けるようにして、株主優待が期待できるような優良な株を購入するのも選択肢のひとつといえるでしょう。

トップページへ