JR西日本の株と事業と新古品の流通

JR西日本は、旧国鉄が民営化するに当たって分社化された企業の一つです。1,987年の国鉄分割民営化に伴って誕生しました。本州の西半分と九州北部を営業エリアとしている鉄道会社で、現在のところは鉄道事業以外にも運送業や流通業、不動産業なども営んでいます。東京証券取引所の一部市場に株を上場している企業ですから、多くの人が知っているでしょうし、また多くの人が利用しているでしょう。事業の中心となるのが鉄道事業です。この事業は大阪、京都、神戸の都市部の事業と、地方の在来線、新幹線の3つに分けられます。JR西日本は新大阪から博多までを管轄していますが、新幹線自体は東京や名古屋、鹿児島、熊本などと結んでいます。主要都市を結ぶ働きをしていると言えるでしょう。最近話題になった北陸新幹線に打ついては、管轄は常設妙高から金沢を管轄していて、北陸地方と首都圏とを結ぶ役割を担っています。近畿地方は首都圏に次ぐ地域として鉄道の需要が高く、JR西日本も力を入れています。例えば通学や通勤のために新快速電車などを提供して、近畿の主要都市を短時間で結んでいます。近畿以外の地方でも多くの鉄道事業を行っていて、例えば大阪と金沢を結ぶサンダーバードは有名です。鉄道以外には、流通事業も行っていて、例えば駅にあるキヨスクやコンビニエンスストア、百貨店なども経営しています。大阪駅周辺では不動産業も行っていて、駅ビルの運営や鉄道高架下の商業施設開発なども行っています。鉄道自体に興味を持つ人も多く、例えば玩具としても人気があります。プレミアのついたものが高値で取引されていたり、あるいは新古品として市場に出回っていたりすることもあります。

トップページへ